給料が低いからブラックというのは間違い

また、良い保障が用意されていて給料が高かったらブラックとはみなされないのかという疑問もあります。

しかし、待遇がよくても、死ぬまで働かせるのでは無意味です。
そのような環境ではいくら保証があっても無駄です。

けれども、現実にはかつてからの企業にも明らかにブラックである会社は増えてきています。残念でならないですが、大手の食品メーカーでも、ここ最近では続けて過労で倒れる人が出ています。
でも、こういった「御恩と奉公」の関係は不景気になってから登場したブラック企業にはありません。

働きぶりとは関係なく首を切るのも普通です。
始めから、長期間の雇用など想定していないように見受けられます。けれども、かつての日本型経営の場合、働き手は企業に束縛される代わりに、それに見合った報酬もありました。
例えば、景気が悪くなっても首は切られない「終身雇用」という「終身雇用」という契約が当たり前とされていました。バブル時代も、世界中から批評されるほど勤務時間は長く、社員の個人的な時間に邪魔をしてくる風潮も多くありました。
勤務時間の長さだけなら、日本の企業は何年も前から変わっていないと言ってもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*