低インスリンダイエットの罠

この頃、現役の先生が著した、炭水化物を完全にカットすることを薦める論文が話題になって、炭水化物カットが医学的にも判明されているかのような評議が聞かれるようになっていると感じられます。が、それについては医者の世界では認められているわけではなく、筆者の自論であるといえます。あまりに極端な説で「先生が述べるべきでない」をはじめとしたバッシングも聞かれます。糖質をなくすダイエット法には、「低インスリンダイエット」と呼ばれているものもあります。糖質カットは漠然と想像することができるけど、低インスリンと急にいわれても想像できないという人もいると思います。“炭水化物を、できれば控える”とした減量法は、太っている人に医者が教える指導の一つとして認知されています。

というのも太っている人は、大半が、炭水化物を多く摂取してしまう傾向にあるからです。

どうして炭水化物を摂らないことが減量することに繋がってくるのか、それのメカニズムを究明していってみると、炭水化物は胃の内部で分解され糖質に変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*